All in Love Japan http://www.all-in-love-japan.com Tue, 20 Feb 2018 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 最適な商品を表示するだけで http://www.all-in-love-japan.com/2018/02/21/entry-20180221/ http://www.all-in-love-japan.com/2018/02/21/entry-20180221/#comments Tue, 20 Feb 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2018/02/21/entry-20180221/ あるネットショッピングサイトで、CRMを活用して商品の各ページにユーザーそれぞれに最適な商品を表示するようになったところ、1ユーザーの購入金額が4割近くもアップしたそうです。4割ですよ!?これってすごくないですか^^

私もよくネットショッピングをするのですが、確かに商品ページの下までスクロールすると、関連商品や過去に私が見た商品、そして私が好みそうな^^商品が並んでいるんですよね。これがCRM施策によって表示されていることはわかっているんですが(要するに、ネットショップ側の目論見だとは知っているけれども)、ついついその商品ページも見てしまい、「ええい!ついでにこっちも買っておこう!」となるんですよね^^そうです、ついで買いなんですよね。

新たに購入するとなると送料なども関係してくるので、どうせなら一緒に今、購入しておいた方が良いかなと思ってしまうんです。そんな人間のサガを^^CRMは突いてくるんですよね~。たしかにそうなれば、4割以上、購入金額も増えているかも^^

knowledgesuite.jp/service/sfa-dounyu.html

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2018/02/21/entry-20180221/feed/ 0
重さを少しでも軽くする! http://www.all-in-love-japan.com/2018/02/14/entry-20180214/ http://www.all-in-love-japan.com/2018/02/14/entry-20180214/#comments Tue, 13 Feb 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2018/02/14/entry-20180214/ ある日、知り合いの高校生と会ったのですが、そのとき持っていたカバンがパンパンに膨れていて、さらにはリュックまで。。こんなに持って家ででもするの?^^と聞いたくらいです。

私はできるだけカバンやバッグは軽くしないと気が済まないのですが、そうじゃない人っていつも重そうで大変ですよね^^ビジネスマンの方でもパンパンに膨れたカバンを2つも抱えている方も見かけます。そんな人を見る度に名刺なんかも大きなホルダーごと入ってるんだろうな~と、要らぬ心配をしてしまいます^^

一枚の重さなんて大したことありませんが、数十枚、数百枚になり、ホルダーの重さまで足せば、結構な重量感。なので、名刺だけでも名刺の管理ツールで賢くデータ化し、カバンの重さを軽くしてみてはいかがでしょうか。意外とすっきり軽くなるかもしれませんよ!

名刺CRM機能紹介 |選ぶポイント

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2018/02/14/entry-20180214/feed/ 0
“って言ってる私が間に合っていないのですが^^まだ年賀はがきさえ買っていないことに、今これを書いて気づきました。。もうそろそろ年賀状なんて止めにしましょうよ!と言いたいものですが、そうは言っても送らないと・・というのが現状ですよね。 こんな時、名刺の管理ツールを使っていると宛名書きがめちゃくちゃ楽になるんだそうですね。会社でツールを活用していても個人のものは・・と思いますよね。でも個人でも名刺管理ツール、そして無料アプリなんかもあるんですよね。 また、Sansanが提供している個人用アプリEightでは、今年からソースネクストの「「筆王」「筆まめ」「宛名職人」」などとの連携が可能となったそうです。(Eightプレミアムという有償プランに登録の必要有り) “ http://www.all-in-love-japan.com/2018/01/17/entry-20180117/ http://www.all-in-love-japan.com/2018/01/17/entry-20180117/#comments Tue, 16 Jan 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2018/01/17/entry-20180117/ 日本の、とくに中小企業の悪いクセとして、結果にばかりこだわり参考にしすぎるということがあるそうです。

新発売した商品の売れ行きがとても良いため、じゃんじゃん仕入れて売れるだけ売っていく・・。でもこれではいつかその商品は売れなくなっていきますよね。その時、すでに何か対策を取っていれば良いわけですが、時すでに遅し。。

わかってはいたものの、とにかく目の前の利益にばかりこだわってしまうといつか破たんしてしまうものなのです。なぜその商品は売れたのか、もっと向上させる点は無いのか、クレームなどきてはいないか。きっとこれらに関する情報は会社に届いているはずです。しかしこれらに目を向けずに一点集中していたため、次が無くなってしまうんですね。

こうならないよう、SFAを活用し、情報収集、分析、そして改善を行っていくことで、次なる商品の開発や販売を行い、営業の良い循環が生まれて行くようになるんですね。現状が良くても悪くても、SFAを活用した営業は今後に良い影響を与えることは間違いないでしょう。

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2018/01/17/entry-20180117/feed/ 0
コンビニは女子とシニア http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/25/entry-20171125/ http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/25/entry-20171125/#comments Fri, 24 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2017/11/25/entry-20171125/ そうかな~、と思うようなところもあるのですが、コンビニは今、女性とシニアを意識した戦略が立てられているそうです。

まぁ、女性がトレンドを引っ張っているとは思うので女性を意識したり、シニア層が以前よりもコンビニを利用する率が増えたこと、そして今後シニア層の人口が増加していくことからシニアを意識することもわかります。

女性好みのデザートを考案したり、一回だけしか使わないでもすぐに必要!という時に便利な日用雑貨、化粧品などを取りそろえたりすることで、実際に売り上げも伸びているのだとか。

ファミリーマートではLINEとの連携でCRMに取り組み、クーポンを配布して「きめ細かく各個のニーズに対応している」など、世の中の流れにうまく乗った施策がいくつも進んでいるそうです。

でも、私が行くコンビニは予備校生やビジネスマンなども多く、女子とシニアの割合が多いわけでもないんですよね。あ、結局は住んでいる地域差もあるのかもしれませんね。これらもCRMの活用、そして戦略の立案によって無駄の無い仕入れなども実現するのでしょう。

顧客管理 ソフト

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/25/entry-20171125/feed/ 0
なぜ定着できなかったのか? http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/18/entry-20171118/ http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/18/entry-20171118/#comments Fri, 17 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2017/11/18/entry-20171118/ はじめてSFAを導入し失敗してしまったら、まずはどういった点が自社に不向きのツールだったのか、そして営業現場では何が課題になっていたのかを、じっくりと観察することが重要です。

SFA導入の失敗として多い理由が、機能が多すぎて結果的に使いこなせなかった、営業マンたちが毎日使う魅力を感じなかった、運用の体制がとれないままスタートした、という3点のようです。

どうせ導入するのだから・・と言って便利そうな機能をたくさんそろえても、初めからすべての機能を活用していくのはやはり無理なんですね。

また、毎日使わなければいけないツール、と営業マンが思わない。他のツールで同じことができている気がすることが浸透しない理由となっています。

そして、誰が入力し誰が分析、マーケティングに活用するのか役割分担ができていないために、現場が混乱してしまうようです。

こういった失敗理由は次の導入の際の大きなヒントとなります。他にも何が不満だったのか、営業マンたちから吸い上げることで、次の導入は得るものが大きいはすですよ。

SFA(営業支援システム)料金の特徴

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/18/entry-20171118/feed/ 0
すぐに名刺が作れます http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/11/entry-20171111/ http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/11/entry-20171111/#comments Fri, 10 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2017/11/11/entry-20171111/ 名刺の管理はアプリなどを使ってしっかりとやれているけれど、出張に出た際に自分の名刺を忘れてしまった!なんていうことがありませんか?出張じゃなくても、営業に出たのは良いけど名刺入れに補充しておくのを忘れていた!っていうこともありますよね。

そんな時には即日で名刺が作れるサービス、店舗をチェックしておくと便利ですよ。ネットでの利用が簡単で、名刺情報をすべて入力すれば、早ければ30分、かかっても3時間で完成するそうです。ただし、店舗まで取りに行かないといけないので、時間と会社までの距離との比較をしっかりとする必要はありそうですね^^

最近は名刺管理サービスと言えば交換した後のことばかりですが、自分の名刺も紙ではなくて別のもので代用できるようになると便利そうですよね^^

crm

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/11/entry-20171111/feed/ 0
日本語で行うことが可能に http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/04/entry-20171104/ http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/04/entry-20171104/#comments Fri, 03 Nov 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2017/11/04/entry-20171104/ CRMのサービスでは世界的なシェアを誇るセールスフォース・ドットコム。もちろん、日本でも大企業がこぞって導入し、活用していると思うのですが、このセールスフォースが手掛ける「B2B企業向けマーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」の日本語版」が、来月から提供スタートするとのこと。これによって営業のマーケティングの部署が見込み客の発掘、顧客とのさらなる関係構築までのひとつの業務を日本語で行うことができるようになるそうです。

ここで疑問が湧きました。?今まで日本語じゃなかったの??と^^英語での説明、表記が当たり前なんでしょうね。ある程度の語学力があったとしても、ITのシステムを使いこなすには相応の知識、語学力が必要ですよね。そのために英語を勉強しなくてはいけなかったり・・。そう思うと、CRMの導入に腰が引けるのも分かります^^

でも、11月からはそれが解消されるわけで、今まで苦労した営業マンの方たちはがっかりでしょうね^^

https://knowledgesuite.jp/service/what-is-sfa.html

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2017/11/04/entry-20171104/feed/ 0
ペーパーでの管理からはじまる http://www.all-in-love-japan.com/2017/09/14/entry-20170914/ http://www.all-in-love-japan.com/2017/09/14/entry-20170914/#comments Wed, 13 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2017/09/14/entry-20170914/ 多くの企業が最初は顧客管理などはペーパーでの管理から始まっているそうです。会社を立ち上げた当初は顧客管理をシステム化する必要はありませんよね^^それだけの客の数もまだいないでしょうし、システムを導入するだけのコストもかけるわけにはいきません。

しかし、喜ぶべきことではありますが会社の顧客が増えていけばその分顧客管理は大変な作業になってしまうんですね。部署も細分化され、従業員も増えていく。そうなった時に、ペーパーでの管理がいかに非効率的なものなのかが表面化してしまうんだそうです。

新規顧客を開拓するにもペーパーでは管理が難しい。そこで、SFAの導入が進んでいるんだそうです。名刺交換をし、それをデータベースにすぐにアップする。営業で回って得た情報、プロセスもデータにアップすることで、社内全体の従業員がそれを確認し、新規の客を囲い込むことも可能になり、さらに顧客も増えていく。そんな理想的な営業が実現するんですね。

sfa 導入についてはこちらの製品を参照しました。

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2017/09/14/entry-20170914/feed/ 0
本来の業務だけではなく http://www.all-in-love-japan.com/2017/08/29/entry-20170829/ http://www.all-in-love-japan.com/2017/08/29/entry-20170829/#comments Mon, 28 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2017/08/29/entry-20170829/ CRMを導入すると、このツールだけで全ての営業に関する業務を行っていく・・ということでも無さそうです。それまでに使っていたグループウェアや、同じく営業支援ツールでもあるSFAとの連携なども対応しているサービスがあるんだそうです。

そう言えば、最近注目の名刺管理アプリなどとも連携をしているツールが出ていますよね。かなり大きな会社同士が手を組むことで、CRM、名刺管理それぞれの機能をより深く享受できるようになるとか。自分で連携させる手間も無くなるので、こういったツールが導入しやすそうですよね。

また、CRMはマーケティング、あるいは営業部門で使われるツールですが、この2つの部門では情報の共有がなかなか進まないという現状があります。そこで、グループウェアやSFAと連携させることでこの2つの部門も連携できるようになっていくとか。

CRMが顧客情報管理や顧客の満足度向上を押し上げる、という業務だけのものではなくて、会社全体の連携ももしかしたら可能にできるツールなのかもしれませんね。

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2017/08/29/entry-20170829/feed/ 0
客が本当に望むことを第一に http://www.all-in-love-japan.com/2017/08/18/entry-20170818/ http://www.all-in-love-japan.com/2017/08/18/entry-20170818/#comments Thu, 17 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/all-in-love-japancom/2017/08/18/entry-20170818/ CRMを導入することで、顧客関係を管理、顧客が喜ぶ商品や情報の提供を行えば売上もアップ!と、思ったものの、そうでもない現場も多いようです。

あるアンケート調査では、過去にCRMを使って顧客満足度を上げようとしたものの、約半数の会社がCRMは失敗だった・・と嘆いているとか。。一度このようなシステムの導入失敗を経験してしまうと、再度挑戦してみよう!という気にはなれませんよね。

CRMを利用することで、長く購入してくれそうな客にはメールやクーポンの配布などを積極的に行うことができるようになりますが、送られてくる客側としては、「またメールか・・鬱陶しいなぁ。。」とか「また安いクーポンが送られてきたけど、もともと原価が安いものを高い金額で売ってるんじゃないの?」といった不信感を感じる可能性が高いんですね。それによって、満足度の向上とは逆に離れてしまう結果になっているんです。

会社側の意図するところと客が本当に望むことのギャップ、この溝を埋められるようになると良いですね。

]]>
http://www.all-in-love-japan.com/2017/08/18/entry-20170818/feed/ 0