埋もれている見込み顧客をなんとか・・

Posted By on 2018年10月7日

SFAを活用して新規の顧客を獲得したい場合、その確率を上げるのに利用されるのがリードナーチャリングです。リードは見込みのある顧客、この見込み顧客を優良顧客まで育成するために必要なのがSFAであり、リードナーチャリングという手法なんですね。

以前にアプローチは成功したものの最後の最後で成約には至らなかった、という見込み顧客があるかもしれません。ただ、それをずっと覚えておけるかと言うと、実際には目の前の業務に追われ、ついつい後回しにしてしまいますよね。

でも、この見込み顧客に、別の商品やサービス、提案の方法、条件を変えてアプローチすることで、成約に至る可能性もあるわけです。そこで、より確度の高いリードを抽出するためにSFAが必要となってくるんですね。

実は売り上げに貢献できそうな、埋もれている見込み顧客をなんとか見つけ出し、営業にまでこぎつけること。これが可能になれば、新規顧客獲得から優良顧客への育成までがスムーズに運びそうですよね。


About The Author

Comments

Leave a Reply