名刺管理ツールと連携させて

Posted By on 2018年9月26日

SFAは、多くの見込み顧客の情報を入力することが最初の大仕事になります。見込み顧客情報が入っていなければ、どんなに効果が出る!と噂されているツールであっても、何の役にも立たないわけです。

が、この見込み顧客の情報入力自体が、営業マンたちにとっては辛いのですよね。多くの場合、見込み顧客の情報はイベントやセミナーなどで集めた名刺が元となります。これらを一枚一枚確認しながら入力しないといけないんです。もし、数千枚、数万枚・・なんて言われたらどうします?^^でも、きっと大企業でこういったツールの改革を行えば、それ以上の数の名刺が存在するかもしれないんです。

そこでおすすめなのが名刺の管理ツールです。最新の名刺管理ツールはOCR技術も格段に進歩し、間違い入力がかなり減少しています。しかも、複数枚同時にスキャンしてデータ化できるようになっています。このツールとSFAを連携させることで、名刺管理も効率化でき、SFAの見込み顧客情報も簡単に完成できるんです。

sfa導入方法


About The Author

Comments

Leave a Reply