入力の負担がトラウマに

Posted By on 2018年7月26日

1990年代に最初のSFAを経験した人たちの中には、当時のトラウマから、SFAの導入なんて絶対にいやだ~~と言っている人も多いとか^^一度使ってみて「最悪・・」と感じてしまえば、20年、30年経ってもその時の嫌な思い出がよみがえってくるのかもしれませんね^^

でも、30年も経っているんですよ。SFAだって相当な変貌を遂げているはずです。1990年代にアメリカから入ってきたSFAは、営業プロセスの管理、共有化が目的です。が、その前に営業の中身を毎日SFAの日報に入力していかなければいけません。1ヵ月や2ヵ月といった短い期間ではなく^^1年、2年と、かなり長期的なスタンスでSFAは臨まないといけないわけですね。そこから得た情報が分析され、次にやるべき行動がはっきりと見えてくるわけです。

スマホやタブレットの連携ができるようになり、時間や手間の節約もできるようになってきています。ただ、こういった難しいことは後回しにして、以前使った経験がある方は、まずは見て、確かめてみることをおすすめします。


About The Author

Comments

Leave a Reply