日本語で行うことが可能に

Posted By on 2017年11月4日

CRMのサービスでは世界的なシェアを誇るセールスフォース・ドットコム。もちろん、日本でも大企業がこぞって導入し、活用していると思うのですが、このセールスフォースが手掛ける「B2B企業向けマーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」の日本語版」が、来月から提供スタートするとのこと。これによって営業のマーケティングの部署が見込み客の発掘、顧客とのさらなる関係構築までのひとつの業務を日本語で行うことができるようになるそうです。

ここで疑問が湧きました。?今まで日本語じゃなかったの??と^^英語での説明、表記が当たり前なんでしょうね。ある程度の語学力があったとしても、ITのシステムを使いこなすには相応の知識、語学力が必要ですよね。そのために英語を勉強しなくてはいけなかったり・・。そう思うと、CRMの導入に腰が引けるのも分かります^^

でも、11月からはそれが解消されるわけで、今まで苦労した営業マンの方たちはがっかりでしょうね^^

https://knowledgesuite.jp/service/what-is-sfa.html


About The Author

Comments

Leave a Reply